表札の取り付け方

表札の取り付ける時、大きく分けて3つの方法があります。

 

1.工務店に依頼する

新築や門柱などの製作段階で、表札を埋め込みで取り付けしてもらいます。埋め込みですと、門と表札の一体感が出ます。

 

2.自分で取り付ける

近年になり、取り付けされる壁や門柱の材質が多様化してきました。それに伴い、家の材質といろいろな表札を接着させる取り付け方法や接着剤もさまざまとなりました。そのため、取り付け麺の様子や気候などの環境がわからない場合、はっきりしたことはここでは言えません。近くのホームセンタなどで、取り付け麺などの状況を説明して、相談の上家にあった最適な接着剤を選びましょう。

 

3.便利屋さんに依頼する

もし自分で取り付けの自信がなかったり、取り付けする時間が取れない場合は、便利屋さんなどのような、取り付けを請負ってくれる所に依頼してみてはどうでしょうか。電話帳タウンページに「便利屋」の項目がありますので、近くの便利屋さんに相談してみましょう。

 

  固定型、移動型

固定型とは持ち家などで、取り外ししない場合のときは落下しないようにがっちりつけましょう。取り付け方法は下記の4つの方法があります。

 

1.壁に埋め込みする
2.釘に欠ける
3.接着剤で接着する(クギが打てない壁、表札の裏にクギ穴のない材料など)。
4.移動型とは転勤、賃貸などで、取り外しの予定がある場合。

 

取り付け面と表札の両方を、傷めずに取り外したいという場合は、取り外し可能な材料を選びましょう。表札によっては釘穴加工やチェーンを着けられる場合もあります、接着剤で取り付けた場合は、取り外しのときに表札が破損したり、取り付け面に接着剤が残ることがあります。

 

  表札の取り付け要領の一例

最近の住宅では、壁に釘が打てない場合も多いようです、表札の取り付けは簡単そうに見えると思いますが、落ちないように、かつ真っ直ぐ取り付けるには、少しコツが必要なようです。手にとって見ると意外と重さがありますので、取り付けの材料は普通の接着剤や両面テープでは落ちてしまうことがありますので、取り付けの材料は普通の接着剤や両面テープでは落ちてしまうこともありますので、注意しましょう。表札は落としたりすると、割れたり、欠けたりしますので、取り付けの際は気をつけましょう。

 

接着剤について

接着剤は、よっぽど特殊な物でなければホームセンターで購入できます。普通の接着剤ではなくて、エポキシ系と呼ばれる接着剤をお勧めです。取り付けは取り付け字の外気温や、取り付け面の状況、取り付けの仕方などにより左右されます。外気温が低いほど接着剤が乾くまでに時間が掛かるために、完全接着までには時間は長くなります。取り付け面の状況によっては接着剤は万能とは言えないでしょう。

 

壁に凹凸がある場合

そのままでは接着剤での取り付けは難しいでしょう。工務店にお願いをして、表面を削り平らにする処理をした後に取り付けすることをお勧めします。



Favorite

神戸・明石の振袖レンタルショップ

振袖を神戸で準備する

青の洞窟で神秘的な時間を過ごせます。

宮古島 青の洞窟

Last update:2017/10/13

Copyright (C) 2008 我が家の顔 All Rights Reserved.